Android環境のセットアップ

Magic Podの使い方 > Android環境のセットアップ

このページでは、Magic PodでAndroidのテストをする場合に必要なセットアップ手順を説明します。ここでは、Mac PC + Android実機上でのセットアップ手順について説明しています。なお、Windows PCは未対応です。1

目次

  1. Java8
  2. Android SDK一式(tools, platform-tools, build-tools, API)
  3. Android端末
  4. USBケーブル
  5. テストしたいアプリ

Java8

Macの「ターミナル」を開いて(開き方はこちらの記事を参考にしてください)、「 java -version」を実行し(図1)、「java version "1.8.***"」という表記が確認できれば、Java8はすでにインストールされており、何もする必要はありません。

Macであれば最初からJava8がインストールされているはずですが、もしインストールされていない場合は、こちらの記事に従って最新版のJava(JDK)をインストールしてください。

Java8のインストールチェック

図1 Java8のインストールチェック

Android SDK一式(tools, platform-tools, build-tools, API)

Androidの開発キットです。Android SDKはAndroid Studioと同時にインストールされるので、Android Studioをインストールしましょう。

インストールは簡単です。まず、ダウンロードサイトからAndroid Studioをダウンロードし、ダウンロードされたdmgファイルをダブルクリックします。すると図2の画面になるので、「Android Studio」を「Applications」にドラッグ&ドロップします。

Android Studioインストール開始画面

図2 Android Studioインストール開始画面

あとインストーラに表示される手順に沿って、図3のようにボタンを押し進めていけばOKです。

Android Studioのインストールの流れ

図3 Android Studioのインストールの流れ

インストールが完了し、図4の画面が表示されたらAndroid StudioおよびAndroid DKのインストールは成功です。

Android Studioインストール完了画面

図4 Android Studioインストール完了画面

Android端末

Android端末を用意し、開発者向けの設定をONにする必要があります。

まず、Android端末のホーム画面にある「設定」アプリ(図5)をタップして開きます。

「設定」アプリ

図5 「設定」アプリ

続いて「端末情報」を選択し、(図6)

端末情報

図6 端末情報

表示された「ビルド番号」(図7)を7回連続でタップします。

ビルド番号

図7 ビルド番号

すると「設定」の一覧に「開発者向けオプション」(図8)が表示されるので、移動します。

開発者向けオプション

図8 開発者向けオプション

移動先で、「開発者向けオプション」「スリープモードにしない」「USBデバッグ」をONに、「ADBでインストールしたアプリの監視」をOFFにしてください。(図9)

開発者向けオプションの設定内容

図9 開発者向けオプションの設定内容

USBケーブル

Android端末とPCのUSB端子をつなぐUSBケーブルを用意する必要があります。こちらの画像にあるような形のものを用意してください。テスト実行時には、このケーブルを使ってPCから端末を操作します。

テストしたいアプリ

テスト対象の端末にあらかじめインストールしておくか、アプリの実体であるapkファイルを用意し、PC内の適当な場所に配置しておいてください。2

 

  1. Magic Podの動作環境についてはサポート環境を参考にしてください。 []
  2. apkファイルはAndroid開発者にとってはおなじみのファイルなので、アプリの開発担当者に頼めば用意してもらえるはずです。 []