iOS実機にうまく接続できない場合の回避策

Magic Podの使い方 > iOS実機にうまく接続できない場合の回避策

iOS実機を使ったテストにおいて、端末への接続やテスト実行の際に「Error: Unable to launch WebDriverAgent because of xcodebuild failure: "xcodebuild failed with code 65".」というエラーが起きることがあります1 。現状こうしたエラーが起きた場合は、以下のようにXcodeでダミーのProjectを作成することで、必要な設定が自動的に行われます。

まず最初に、iOS実機をUSBケーブルでMac PCに接続しておきます。

続いて、Macのアプリケーション一覧から「Xcode」を開きます。(図1)

Xcode

図1 Xcode

起動したら、画面上部メニューから「File」>「New」>「Project」を選び、iOSの「Single View Application」を選んで(他の種類のiOSのアプリケーションでも可)「Next」を押します。(図2)

iOSアプリケーションの選択

図2 iOSアプリケーションの選択

続いて「Product Name」に、適当な値を指定します。「Organization Name」と「Organization Indentifier」が空の場合は、そちらも適当な値を指定します。(図3)

さらに、「Team」の項目に、今回の実機テストで利用する「チームID」に対応するApple IDのTeamを選びます2 。(図3)

Projectの設定

図3 Projectの設定

その後「Next」を選び、次画面で「Create」を選ぶと、Projectが作成されます。

作成されたProjectのProject情報の「General」の画面にて、図4のように「Signing」の項目に「Team」が指定され、エラーが出なくなっていれば設定は完了です。

Signingの設定が成功した場合

図4 Signingの設定が成功した場合

図5のようにエラーが出ている場合は、iOS実機をUSBケーブルで接続して「Register Device」ボタンを押す、などしてエラーを解消してください。

Signingの設定でエラーが出ている場合

図5 Signingの設定でエラーが出ている場合

この設定が完了すれば、Magic Podによる端末への接続やテスト実行が成功するようになるはずです。

 

  1. こちらのページに記載されている、Appium及びXcodeの問題です。 []
  2. Teamの選択肢が複数あってどれか分からない場合は、Xcode上部メニューの「Xcode」>「Preferences」>「Accounts」の「Apple IDs」の項目で、Apple IDとTeamの対応を確認できます。 []