iOS環境のセットアップ

Magic Podの使い方 > iOS環境のセットアップ

このページでは、Magic PodでiOSのテストをする場合に必要なセットアップ手順を説明します。iOSシミュレータの方がセットアップが簡単で安定して動作するので、最初はiOSシミュレータを使うのがお勧めします。

目次

  1. Xcode
  2. Xcodeコマンドラインツール
  3. シミュレータを利用する場合
  4. 実機を利用する場合

Xcode

iOSアプリなどを開発するためのツールです。こちらの記事を参考に、Macの「App Store」から最新の「Xcode」をインストールしてください。1

図1のような画面が表示できれば、インストールは完了です。

Xcode起動画面

図1 Xcode起動画面

Xcodeコマンドラインツール

Xcodeに付随する様々なコマンドラインツールです。

Xcodeをインストール後、Macの「ターミナル」を開き(開き方はこちらの記事を参考にしてください)、「xcode-select --install」というコマンドを実行するとインストールできます。(図2)

Xcodeコマンドラインツールのインストール

図2 Xcodeコマンドラインツールのインストール

シミュレータを利用する場合

テストしたいアプリのappファイル

iOSシミュレータでテストを行うには、アプリの実体である「appファイル」が必要です。

「appファイル」は、アプリの開発担当者に用意してもらうか、以下の手順でアプリのソースコードから生成・取得して、PC内の適当な場所に配置しておいてください。

  1. Xcodeでアプリのプロジェクトを開きます。
  2. ビルド対象を適当なiOSシミュレータに変更します。(図3の[1])
  3. ビルドを行います。(図3の[2])
  4. ビルドが成功すると、Productsフォルダの下にappファイルが生成されています。(図3の[3])
  5. ファイルを右クリックして「Show in Finder」を選択すると、appファイルのある場所を開くことができます。(図3の[4])
appファイルの生成・取得

図3 appファイルの生成・取得

実機を利用する場合

libimobiledeviceとCarthage

実機でテストを行う場合、libimobiledeviceCarthageという2つのツールを以下の手順でインストールする必要があります。

まずMacの「ターミナル」を開き、brewコマンドがインストールされているか確認します。「brew」というコマンドを実行してみて、図4のようなエラーが出る場合はbrewがインストールされていません。

brewコマンドが存在しない場合のエラー

図4 brewコマンドが存在しない場合のエラー

インストールされていない場合は、図5のコマンドをターミナルから実行し、brewをインストールしてください。

続いて、ターミナルで「brew install libimobiledevice」を実行すると、libimobiledeviceがインストールされます。(図6)

libimobiledeviceのインストール

図6 libimobiledeviceのインストール

同様に、「brew install carthage」でCarthageがインストールされます。(図7)

Carthageのインストール

図7 Carthageのインストール

Apple開発者プログラムのチームIDの確認

実機でテストを行うには、Apple開発者プログラムに登録し、「チームID」の情報を取得する必要があります。チームIDの確認手順は以下の通りです。

  • こちらの手順に従い、Apple開発者プログラムに登録を行います。この登録には、年間99ドルが必要です。また、申請が完了するまでに何日か時間がかかることがあります。iOSアプリを開発している企業であれば、企業として開発者プログラムに登録しているはずですので、開発チームに確認してみると良いでしょう。
  • 登録したアカウントでhttps://developer.apple.com/account/#/membershipにログインすると、図8のようにチームIDを確認できます。この値はテストを行う際に必要になるので、どこかにメモしておいてください。
Apple開発者プログラムのチームID

図8 Apple開発者プログラムのチームID

iOS端末

iOS端末(iPhoneまたはiPad)をご用意ください。iPadの場合、日本語入力がうまくいかないバグがあるため、こちらの手順に従いキーボードの設定を変更しておいてください。

USBケーブル

iOS端末とPCのUSB端子をつなぐケーブル(Apple Lightning - USBケーブル)を用意する必要があります。こちらの画像にあるような形のものを用意してください。テスト実行時には、このケーブルを使ってPCから端末を操作します。

テストしたいアプリのipaファイル

iOSシミュレータでテストを行うには、アプリの実体である「ipaファイル」が必要です。

「ipaファイル」は、アプリの開発担当者に用意してもらうか、以下の手順でアプリのソースコードから生成・取得して、PC内の適当な場所に配置しておいてください。

  1. Xcodeでアプリのプロジェクトを開きます。
  2. ビルド対象を「Generic iOS Device」に変更します。(図9の[1])
  3. メニューから「Product」>「Archive」を選びます。(図9の[2])
「Product」>「Archive」の選択

図9 「Product」>「Archive」の選択

  1. 表示された画面で「Export」を選び、「Save for Ad Hoc Deployment」または「Save for Development Deployment」を選んでダイアログを進めていきます。(図10)
ipaファイルのExport

図10 ipaファイルのExport

  1. 処理が完了すると、出力先ディレクトリを選んでipaファイルを生成できます。

 

  1.  テスト対象アプリのバージョンがiOS9.3よりも古い場合、最新版ではなく対応する古いバージョンのXcodeをインストールする必要があります。 []