テストケース作成・実行 Part2

Magic Podの使い方 > テストケース作成・実行 Part2

Part1からの続きです。

目次

複数の画面にわたるテスト

複数の画面にわたるテストを作成する場合、各画面ごとに画面キャプチャを取得する必要があります。

例えば、先ほどのiOSテストアプリが図1のような画面構成をしている場合、①メイン画面のキャプチャはすでに取得したので、あとは②Alert画面と③地図画面のキャプチャも取得する必要があります。

テストアプリの画面構成

図1 テストアプリの画面構成

②と③のキャプチャを取得するには、まずアプリを操作して②の画面をiOSシミュレータ上で開き、ブラウザに戻って図2の「新規キャプチャ切替」ボタンを押します。

「新規キャプチャ切替」ボタン

図2 「新規キャプチャ切替」ボタン

すると「デスクトップアプリでUIをキャプチャ」ボタンが再び表示されるので(図3)、クリックして②の画面をキャプチャします。

「デスクトップアプリでUIをキャプチャ」ボタン

図3 「デスクトップアプリでUIをキャプチャ」ボタン

スキャンを待つ間にさらに他の画面キャプチャを取得できるので、スキャン中にiOSシミュレータの画面を③に切り替え、再びブラウザ上で「新規キャプチャ切替」ボタン > 「デスクトップアプリでUIをキャプチャ」ボタンと押して、③の画面もキャプチャします。

スキャンが完了したら、「画面キャプチャ切替」ボタン(図4)で画面キャプチャを切り替えながら、テストを作成していきます。

「画面キャプチャ切替」ボタン

図4 「画面キャプチャ切替」ボタン

このようにして、複数画面のテストも作成できます。(図5)

作成された複数画面のテスト

図5 作成された複数画面のテスト

Android実機 + apkファイルのテスト

Android実機と、Androidアプリの実体であるapkファイルを使ってテストを作成・実行する手順も、iOSの場合とおおむね同じです。ただし、ターゲットOS・アプリを指定する方法画面キャプチャを取得する方法が、iOSの場合と少し異なります。

apkファイルを使用する場合、ターゲットOSに「Android」を、ターゲットタイプに「APKファイル」を指定し、apkファイルのパスをフルパスで指定します。(図6)

Androidの場合の、ターゲットOSとアプリの指定

図6 Androidの場合の、ターゲットOSとアプリの指定

apkファイルのフルパスは、iOSの場合と同様、apkファイルを右クリックしてoptionキーを押し、「パス名をコピー」で取得します。(図7)

apkファイルのパス名をコピー

図7 apkファイルのパス名をコピー

続いて端末への接続ボタンを押す前に、Android実機をUSBケーブルでPCにつなぎます。端末のロックは解除しておきます。また、USBデバッグの許可ダイアログが出るので(図8)、OKを押してデバッグを許可しておきます。

USBデバッグの許可ダイアログ

図8 USBデバッグの許可ダイアログ

端末をつないだ後、テストケース編集ページの接続ボタン(図9)を押し、しばらく待つと、実機上にapkファイルのアプリがインストールされ、アプリが起動します。

テストケース編集ページの接続ボタン

図9 テストケース編集ページの接続ボタン

あとはこのアプリに対して、画面キャプチャ取得・テスト作成・テスト実行を行うことができます。

Apkファイルのアプリに対して作成されたテスト

図10 Apkファイルのアプリに対して作成されたテスト

Android実機 + インストール済アプリのテスト

Magic Podでは、Android実機のインストール済アプリをテストすることも可能です(apkファイルも不要で、自社アプリでなくても構いません)。この場合は、「パッケージ/アクティビティ」というシステム情報でテスト対象アプリを指定します。(図11)

パッケージ/アクティビティ

図11 パッケージ/アクティビティ

アプリの「パッケージ/アクティビティ」の値は、以下の方法で調べることができます。

  • Android実機をUSBケーブルでPCにつなぎます。
  • ターゲットOSを「Android」、「パッケージ/アクティビティ」の値を空にしてテスケース編集ページの「接続」ボタンを押し、端末と接続します。
  • 接続が確立されたら、端末を手作業で操作してテスト対象のアプリを起動します。
  • テストケース編集ページのターゲット指定ポップアップを開き、「アプリ情報を取得」ボタンを押します。しばらく待つと、起動中のアプリの「パッケージ/アクティビティ」の情報がセットされます。(図12)
起動中のアプリの「パッケージ/アクティビティ」の取得

図12 起動中のアプリの「パッケージ/アクティビティ」の取得

「パッケージ/アクティビティ」情報を取得したら、あとはこの情報で指定したアプリに接続・起動して、画面キャプチャ取得・テスト作成・テスト実行を行うことができます。

iOS実機 + ipaファイルのテスト

iSO実機と、iOSアプリの実体であるipaファイルを使ってテストを行う場合は、テスト対象に次の値を指定します。

iOS実機 + ipaファイルのテスト対象指定方法

図13 iOS実機 + ipaファイルのテスト対象指定方法

あとはiOS実機をUSBケーブルでPCにつないで、画面キャプチャの取得やテスト実行を行うことができます。

  • 端末のロックは解除しておきます。
  • 図14のような確認ダイアログが表示されるので、「信頼」をタップしておきます。
  • libimobiledeviceのインストールがあらかじめ必要ですのでご注意ください。
  • エラーが発生して端末との接続やテスト実行がうまくいかない場合は、こちらの回避策を試してみてください。
iOS実機の確認ダイアログ

図14 iOS実機の確認ダイアログ

iOS + インストール済アプリのテスト

Magic Podでは、iOSシミュレータまたは実機のインストール済アプリをテストすることも可能です(appファイル・ipaファイルも不要で、自社アプリでなくても構いません)。この場合は、「バンドルID」というシステム情報でテスト対象アプリを指定します。(図15)

バンドルID

図15 バンドルID

アプリのバンドルIDは、次の方法で調べることができます。

  • Apple App Storeに公開されているアプリの場合は、こちらの方法で調べることができます。
  • 端末に最初からインストールされているアプリの場合は、こちらにバンドルIDの一覧が記載されています。