Appファイルの作成方法

Magic Podの使い方 > Appファイルの作成方法

iOSシミュレータでテストを行うには、アプリの実体である「Appファイル」が必要です。

各ユーザーのアプリでテストを行う場合、Appファイルをアプリ開発担当者に用意してもらうか、以下の手順でアプリのソースコードからAppファイルを生成・取得してください。なお、Magic Podが提供するデモアプリのAppファイルをダウンロードして使うことも可能です。

目次

  1. 通常のモバイルアプリの場合
  2. Cordovaを使ったアプリの場合

通常のモバイルアプリの場合

  1. Xcode(Macが必要です)でアプリのプロジェクトを開きます。
  2. ビルド対象を適当なiOSシミュレータに変更します。(図1の[1])
  3. ビルドを行います。(図1の[2])
  4. ビルドが成功すると、Productsフォルダの下にAppファイルが生成されています。(図1の[3])
  5. ファイルを右クリックして「Show in Finder」を選択すると、Appファイルのある場所を開くことができます。(図1の[4])
appファイルの生成・取得
図1 appファイルの生成・取得

Cordovaを使ったアプリの場合

まず、こちらの手順に従い、「cordova emulate ios」コマンドでiOSシミュレータ上にテスト対象のiOSアプリをインストールします。

インストールできたら、iOSシミュレータ上でアプリを立ち上げます。

続いてMacのターミナルを開き、「ps aux | grep アプリ名」を実行します。アプリ名は通常Cordovaのプロジェクト名と同じで、部分一致も可能です。

これで図2のように結果が見つかれば、そこに.appファイルのパスが含まれているはずなので、これをコピーしてきて利用します。

図2 UICatalog.appのパス

なお、.appファイルの実体はディレクトリ なのですが、Macのマシン上ではファイルのようにして扱うことができます。(図3)

図3 Finder上のUICatalog.app