BrowserStackのクラウド環境での一括テスト実行(ブラウザテスト)

Magic Podの使い方 > BrowserStackのクラウド環境での一括テスト実行(ブラウザテスト)

BrowerStack

BrowserStackは、様々な種類のブラウザ・モバイル実機端末を使って、手動・自動テストを簡単に行えるクラウドサービスです。

対応ブラウザ・OSバージョン

こちらから確認できます。

利用方法

まずはBrowserStackトップページの「FREE TRIAL」のボタンからアカウントを登録します。登録が完了すると図1・図2のProduct選択画面に移動するので、「Website」「Automated Testing」を選択しましょう。しばらく待つと自動的にダッシュボードが表示されます。この時点で無料トライアルが開始されており、100分間の自動テスト実行が可能になります。

図1 BrowserStackのProduct選択画面(1)
図2 BrowserStackのProduct選択画面(2)

続いて、テスト一括実行の画面で、図2のように必要な項目を入力します。

図3 BrowserStackテスト実行の設定

[1] ユーザー名・アクセスキー

画面上部のメニューの中の「ACCESS KEY」(図4)を開き、「Username」「Access Key」をそれぞれコピーして使用します。

図4 Username and Access Keys

[2] OS・バージョン・ブラウザ・ブラウザのバージョン

BrowserStackのCapabilities Generatorページ(図5)を参考に、利用したい環境の情報を指定してください。

図5 Capabilities Generator

左側のペインでOSとブラウザを選ぶと、設定すべき値が右側のペインに表示されます。少し見づらいですが、Magic Podの項目との対応は下記のようになります。小数点以下の表記などが異なっていると動作しない場合もあるので注意してください。前述の図3は図5の選択肢に合わせてMagic Pod上で設定した状態です。

Magic PodCapabilities Generator備考
OSos省略した場合、BrowserStackによって自動的に設定されます
バージョンosVersion省略した場合、BrowserStackによって自動的に設定されます
ブラウザbrowserName必須入力です。表記が違う場合もありますが、Magic Podの画面上のプルダウンで必要なものを選択してください。
ブラウザのバージョンbrowserVersion省略した場合、BrowserStackによって自動的に設定されます

省略した場合の自動設定は概ね最新の環境で動作するので気にしなくてよい場合が多いです。ただし、2020年6月時点ではブラウザにSafariを選んで他を空欄にするとWindowsの古いSafariが選択されてしまいました(Magic Podでは対応していません)。Safariを使う場合は、Capabilities Generatorの内容に従ってきちんと設定することをお勧めします。以下は一例です。

図6 Capabilities Generator(Safari用の設定)
図7 Magic Pod上のSafari用の設定

テスト結果

Magic Podのテスト結果画面に加えて、BrowserStackの画面上でもテスト結果が確認できます。この画面では、現在実行中のテストのリアルタイムログや、実行が終わったテストの動画を確認することができます。(図8)

図8 BrowserStackのテスト結果画面

コマンドライン実行

こちらの方法で、コマンドラインからもテスト一括実行が可能です。リンク先の説明はモバイルアプリのものですが、Webアプリケーションについても操作方法は同様です。

複数種類の端末に対するテスト一括実行

こちらの方法で、複数種類の端末に対するテスト一括実行が可能です。リンク先の説明はモバイルアプリのものですが、Webアプリケーションについても操作方法は同様です。

既知の問題

BrowserStack上でテストを実行すると以下の問題が起きることがあります。

  • Firefoxのテストでは、スクリーンショットの取得時にレスポンスが極端に低下してタイムアウトすることが稀にあります。この問題はMagic Pod開発チームにて調査中ですが、リトライ回数を「1」に設定することでほぼ回避できます。
  • Safariのテストでは、テスト開始時に「Could not start Browser / Emulator Reason: Could not create a session: You must enable the 'Allow Remote Automation' option in Safari's Develop menu to control Safari via WebDriver」というエラーメッセージが発生してブラウザを起動できないことがあります。この問題はMagic Pod開発チームにて調査中ですが、リトライ回数を「1」に設定することでほぼ回避できます。