CircleCIとの連携

Magic Podの使い方 > CircleCIとの連携

CircleCIからMagic Podのテストを実行するには、magic-pod-api-clientを使い、以下の手順でクラウド端末または外部クラウドサービス端末を使ってテストを実行するのが簡単です。

(クラウドを使用せずにCircleCIのマシン上のシミュレータやエミュレータを使ってテストを行う場合は、モバイルアプリテストの場合はローカルPCでのテスト一括実行の設定を、ブラウザテストの場合はローカルPCを使ったコマンドライン一括テスト実行を参考にしてください。)

run_magic_pod_test.shを作成

まずは、magic-pod-api-clientを使ってテストを実行するrun_magic_pod_test.shを作成します。

モバイルアプリテストの場合は、以下のように作成してください。1

  • magic-pod-api-clientをテストのたびにダウンロードしていますが、こちらから、あらかじめ最新のmagic-pod-api-clientを取得し、CircleCIのビルドが利用するGitレポジトリに追加しておく方法もあります。
  • CircleCIのプロジェクト環境設定などで、環境変数MAGIC_POD_API_TOKENを定義しておきます。トークンの値は、Magic Podにログイン後こちらのページから取得できます。
  • テスト一括実行時の「設定番号」は、「テスト一括実行」ページで設定を作成した上で、その番号を指定します(図1)。また、アップロードされたアプリファイルを使ってテストを実行するため、「アプリ種別」は「クラウドアップロード」にします(図1)。
図1 テスト一括実行設定

ブラウザテストの場合は、アプリのアップロードは不要のため、以下のように作成してください。

CircleCI設定ファイルの編集

続いて、run_magic_pod_test.shを実行するCircleCIのジョブを追加します。ジョブ設定は以下のようになります。

  1. リリースブランチのライフサイクル管理を Zapier で自動化するを参考にしました。 []