データパターン(データ駆動テスト)

Magic Podの使い方 > データパターン(データ駆動テスト)

「データパターン」の機能を使うと、1つのテストスクリプトを入力データのパターンを変えて何度も繰り返し実行する、いわゆる「データ駆動テスト」を行うことができます。

データパターンの設定

テストケース編集画面のテスト編集メニューから「データパターン設定」を選び(図1)、表示されたダイアログで変数名とデータのパターンを定義します。例えば図2では、変数UNAMEと変数GENDERに対し、2つのデータパターンを定義しています。パターンを定義したら、「OK」ボタンを押して編集内容を保存します。

データパターン設定

図1 データパターン設定

データパターンを定義

図2 データパターンを定義

続いて、実行するスクリプトを作成します。スクリプト中では、${UNAME}や${GENDER}の形式で、データパターンの変数を参照することができます。(図3)

データパターン変数を参照するスクリプト

図3 データパターン変数を参照するスクリプト

テストの実行と結果の確認

作成したテストを実行すると、各データパターンに対しテストが繰り返し実行されることが分かります。テスト結果の一覧画面では図4のように全データパターンの成功・失敗件数の内訳を、テスト結果の詳細画面では図5のようにデータパターンごとのテスト結果を確認することができます。

テスト結果一覧画面

図4 テスト結果一覧画面

テスト結果詳細画面

図5 テスト結果詳細画面