Remote TestKitのクラウド環境での一括テスト実行

Magic Podの使い方 > Remote TestKitのクラウド環境での一括テスト実行

Remote TestKit

Remote TestKitは、クラウド上で様々な実機端末を利用できるWebサービスです。Remote TestKitを使うと、社内にない端末や新機種で簡単に自動テストを実施できます。

他の実機クラウドサービスと比べた時の特徴として、非常に多くの種類の端末(特に日本国内で出回っている端末)が利用可能です。

無料トライアルも可能ですので、まずは一度試してみてください。

利用方法

最初に、Remote TestKitの相談フォームからトライアルアカウントを申し込みます。(図1)

Remote TestKitの相談フォーム

図1 Remote TestKitの相談フォーム

トライアルアカウントが発行されたら、テスト一括実行の画面で、図2のように必要な項目を入力します。

図2 Remote TestKitテスト実行の設定

[1] アクセストークン

ログインページからRemote TestKitのサイトにログインし、「自動テスト」タブの「アクセストークン」の項目を選んで(図3)、表示されたアクセストークンをコピーします。

アクセストークン

図3 アクセストークン

[2] ターゲットOS

Android/iOSの両方に対応しています。

[3] OSバージョン・デバイス名

ログインページからRemote TestKitのサイトにログインすると、端末一覧に利用可能な端末が表示されています。使いたい端末の機種名・OSバージョン(図4)をMagic Podの画面に入力してください。

機種名・OSバージョン

図4 機種名・OSバージョン

  • レンタル処理は自動で行われるので、Remote TestKitのページでレンタルを行う必要はありません。
  • 自分が自動テストで現在使用中の端末は「貸し出し中」と表示されます。
  • トライアル版では利用可能な端末の種類が制限されています。
  • 機種名・OSバージョンは、部分一致で指定することも可能です。詳細は、Appium連携のチュートリアルの「端末指定」の項目を参照してください。

[4] ターゲットタイプ

Androidの場合、手元にあるAPKファイルをテストしたい場合、「APKファイル (クラウドアップロード)」を選んで、APKファイルをクラウドにアップロードしてください。

DeployGateTestFlightを使っていて、特定のURLから直接APKファイルをダウンロードしたい場合は、「APKファイル (URL指定)」を選んでください。

iOSのIPAファイルの場合も同様です。

Remote TestKit Enterprise(On-Premises Plan)の場合

図3 Remote TestKit Enterprise(On-Premises)テスト実行の設定

[1] クラウドサービス名

Remote TestKit(オンプレミス)を選んでください

[2] 認証情報

Remote TestKit Enterprise(On-Premises Plan)ではアクセストークンが現状は利用不可であるため、AppiumのサーバーURL、ユーザ名及びパスワードを入力する必要があります。

コマンドライン実行

こちらの方法で、コマンドラインからもテスト一括実行が可能です。

複数種類の端末に対するテスト一括実行

こちらの方法で、複数種類の端末に対するテスト一括実行が可能です。

既知の問題

Remote TestKit上でテストを実行すると以下の問題が起きることがあります。

  • テストが終了して10分が経過すると端末は自動的に返却されますが、その後30分間は同じ端末を使うことができません。同じ端末を使おうとすると、「The environment you requested was unavailable」というエラーが起きます。この問題は、Magic Podサポートより現在改善を依頼中です。
  • その他、端末やデータセンターの設定の問題で「The environment you requested was unavailable」というエラーが起きることがあります。これ以外に追加のエラー情報が何もない場合、Remote TestKit環境側の問題である可能性が高いため、Magic PodサポートまたはRemote TestKitのサポートにお問い合わせください。