Remote TestKitのクラウド環境での一括テスト実行

Magic Podの使い方 > Remote TestKitのクラウド環境での一括テスト実行

Remote TestKit

Remote TestKitは、クラウド上で様々な実機端末を利用できるWebサービスです。Remote TestKitを使うと、社内にない端末や新機種で簡単に自動テストを実施できます。

無料トライアルも可能ですので、まずは一度試してみてください。

利用方法

最初に、Remote TestKitの相談フォームからトライアルアカウントを申し込みます。(図1)

Remote TestKitの相談フォーム

図1 Remote TestKitの相談フォーム

トライアルアカウントが発行されたら、バッチテスト実行の画面で、図2のように必要な項目を入力します。

図2 Remote TestKitテスト実行の設定

[1] アクセストークン

ログインページからRemote TestKitのサイトにログインし、「自動テスト」タブの「アクセストークン」の項目を選んで(図3)、表示されたアクセストークンをコピーします。

アクセストークン

図3 アクセストークン

[2] ターゲットOS

Android/iOSの両方に対応しています。

[3] OSバージョン・デバイス名

ログインページからRemote TestKitのサイトにログインし、「端末一覧」タブに利用可能な端末が表示されています。使いたい端末の機種名・OSバージョン(図4)をMagic Podの画面に入力してください。

機種名・OSバージョン

図4 機種名・OSバージョン

  • レンタル処理は自動で行われるので、Remote TestKitのページでレンタルを行う必要はありません。
  • 自分が自動テストで現在使用中の端末は「貸し出し中」と表示されます。
  • トライアル版では利用可能な端末の種類が制限されています。

[4] ターゲットタイプ

Androidの場合、手元にあるAPKファイルをテストしたい場合、「APKファイル (クラウドアップロード)」を選んで、APKファイルをクラウドにアップロードしてください。

DeployGateTestFlightを使っていて、特定のURLから直接APKファイルをダウンロードしたい場合は、「APKファイル (URL指定)」を選んでください。

iOSのIPAファイルの場合も同様です。

Remote TestKit Enterprise(On-Premises Plan)の場合

図3 Remote TestKit Enterprise(On-Premises)テスト実行の設定

[1] クラウドサービス名

Remote TestKit(オンプレミス)を選んでください

[2] 認証情報

Remote TestKit Enterprise(On-Premises Plan)ではアクセストークンが現状は利用不可であるため、AppiumのサーバーURL、ユーザ名及びパスワードを入力する必要があります。

複数端末による一括テスト実行

Remote TestKit及びRemote TestKit Enterprise利用では複数端末を使った一括テスト実行に対応しています。

複数端末の指定方法

図4 複数端末の指定

複数端末での一括テスト実行を行うには、図4のように、端末の機種とバージョンをカンマ(,)で区切りで指定します。機種とバージョンの並びは対応をとるようにしてください。図4の場合、次の2端末が指定されています。

  1. Nexus 5(Android 8.1.0)
  2. Nexus 5X(Android 8.0.0)

なお、Remote TestKitの同時利用端末数の制限を守るため、端末の切り替え時に、Magic Pod内で5分間の待機処理を行なっています。こうすることで、Remote TestKit内で端末の自動返却が行われます。これは、現状のRemote TestKitに端末の返却処理を行うWeb APIが存在しないためです。

複数端末の一括テストの並列実行方法

図5 並列実行数の指定

複数端末でのテスト一括実行は並列実行が可能です。図5のように同時並列実行数を指定してください。1を指定すると従来通りの逐次実行になります。また、Magic Pod バージョン0.29.0時点での最大並列実行数は5となっています。