SauceLabsのクラウド環境での一括テスト実行(ブラウザテスト)

Magic Podの使い方 > SauceLabsのクラウド環境での一括テスト実行(ブラウザテスト)

SauceLabsは、様々な種類のブラウザ・モバイル実機端末を使って、手動・自動テストを簡単に行えるクラウドサービスです。

Selenium・Appiumのテスト実行クラウドを提供する企業としては業界最大手で機能も充実していますが、価格は少しお高めです。

対応ブラウザ・OSバージョン

こちらで必要な環境を選択すると確認できます。詳しい使い方は後述します。

利用方法

まずはSauceLabsトップページの「Try it free」ボタンからアカウントを登録します。送られてくる認証メールをクリックしてSauceLabsにログインすると、図1のダッシュボード画面に移動します。これで14日間の無料トライアルが開始されます。

図1 SauceLabsのダッシュボード

これで準備ができたので、続いてテスト一括実行の画面で、図2のように必要な項目を入力します。

図2 SauceLabsテスト実行の設定

[1]ユーザー名・アクセスキー

SauceLabsの画面右上「ACCOUNT」(図3)>「User settings」(図4)に表示されたユーザー名とアクセスキーを指定します。

図3 ACCOUNTメニュー
図4 User Settings

[3] データセンター

アカウント作成時に選択したデータセンターを設定してください。ダッシュボード右上にも表示されています。

[4] OSおよびバージョン・ブラウザ・ブラウザのバージョン

SauceLabsのPlatform Configuratorページ(図5)を参考に、利用したい環境の情報を指定してください。

  • API: 「WebDriver (W3C)」を選択します。
  • DEVICE: Macの場合は「Mac」、それ以外(Windows/Linux)の場合は「PC」を選択します。
  • OPERATING SYSTEM / BROWSER: 必要に応じて使いたいものを選択します。
図5 Platform Configurator (1)
図6 Platform Configurator (2)

順番に項目を選んでいくと、設定すべき値がいちばん下の欄に表示されます。コードとして書く例なので少し見づらいですが、Magic Podの項目との対応は下記のようになります。小数点以下の表記などが異なっていると動作しない場合もあるので注意してください。前述の図2は図5、図6の選択肢に合わせてMagic Pod上で設定した状態です。

Magic PodPlatform Configurator備考
OSおよびバージョンplatformName省略した場合、SauceLabsによって自動的に設定されます
ブラウザbrowserName
(上の図には記載なし)
必須入力です。Magic Podの画面上のプルダウンで必要なものを選択してください。
ブラウザのバージョンbrowserVersion省略した場合、SauceLabsによって自動的に設定されます。頻繁にバージョンが変わるブラウザも多いので、特にこだわりがなければ「latest」を選んでおくと便利です。

テスト結果

Magic Podのテスト結果画面に加えて、SauceLabsの画面上でもテスト結果が確認できます。この画面では、テストのログや、現在実行中および実行後のテストの動画を確認することができます。(図7)

図7 SauceLabsのテスト結果画面

コマンドライン実行

こちらの方法で、コマンドラインからもテスト一括実行が可能です。リンク先の説明はモバイルアプリのものですが、Webアプリケーションについても操作方法は同様です。

複数種類の端末に対するテスト一括実行

こちらの方法で、複数種類の端末に対するテスト一括実行が可能です。リンク先の説明はモバイルアプリのものですが、Webアプリケーションについても操作方法は同様です。