自動修復機能

 

Magic Podの使い方 > 自動修復機能

自動修復機能の概要

Magic Podには、デザイン変更等で操作したいUI要素が変わった場合にAIが自動的に変更に追随してテストを続行してくれる「自動修復」機能があります。UI要素が変わったことが事前に分かっている場合には「テスト対象の画面に修正が入ったら」にある画面キャプチャの再アップロードを行っても良いのですが、毎回のテスト実行前にすべての変更を把握してキャプチャを修正するのは現実的ではありません。

具体的なケースで見てみましょう。たとえば、図1のように元々「登録」という名前だったボタンが「この内容で登録」という名前に変わったとします。アプリの実装にもよりますが、ボタンの文字列以外にこのボタンを特定する材料がなかった場合、そのままではテストは失敗してしまいます。

図1 ボタン名の変更

図1 ボタン名の変更

実際にテストを実行し、ボタンのUI要素に対して自動修復が行われるとテスト実行結果のステータスがオレンジ色の「要確認」となります。

図2 テスト一括実行の結果

図2 テスト一括実行の結果

リンクをクリックしてテスト結果の詳細画面を開くと、自動修復された内容が表示されています。修復されたのは3ステップめですが、ここでテストが止まらなかったため次のステップも問題なく実行されています。

図3 テスト結果詳細画面

図3 テスト結果詳細画面

更に「要確認」となっているメッセージもしくはキャプチャ一覧の中でオレンジ色の枠で囲まれたものをクリックすると、修復内容の詳細を示すポップアップが表示されます。

図4 自動修復結果の詳細ポップアップ

図4 自動修復結果の詳細ポップアップ

この状態では自動修復結果はあくまで「提案」に過ぎず、元のUI要素は変更されていません。

結果を確認し、問題がなければ「承認」をクリックします。するとテスト結果のステータスが「成功」に変わり、テストケースで使われているUI要素やキャプチャ画像も新しいものに入れ替わります。

図5 自動修復結果の承認

図5 自動修復結果の承認

もし変更内容が実際のUIに合わない場合は「却下」をクリックするとテスト結果は「失敗」となり、UI要素の変更も行われません。

制限事項

現在、自動修復機能はテストを一括実行した場合にのみ有効になります。テストケースの編集画面からを単独のテストを実行した場合には機能しませんのでご注意ください。