多言語データパターン

Magic Podの使い方 > 多言語データパターン

※ この機能の商用サポートプランでのみ利用可能です。

以下の手順で、多言語対応のアプリケーションをテストできます。

データパターンの作成

「Multi-lang data patterns」の画面に移動し、「Export CSV」ボタンからデータパターンのテンプレートをダウンロードします。(図1)

「Multi-lang data patterns」画面

図1「Multi-lang data patterns」画面

図2のようにテンプレートにCSV形式でデータパターンを記述したら、今度は「Import CSV」ボタンで取り込みます。

データパターンのCSVファイル

図2 データパターンのCSVファイル

  • CSVの編集は、Macの場合「テキストエディット」を使うか、「Numbers」「LibreOffice」「Excel」などのアプリケーションを使って表形式で編集することも可能です。
  • 取り込んだデータを編集したい場合は、再度ExportしてImportすればOKです。

データパターンの利用

データパターンを作成すると、テスト編集画面のテスト対象選択ポップアップ上に「Multi-Lang Data Pattern」の項目が出現し、テストで使用する言語パターンを選択可能になります。(図3)

言語パターンの選択

図3 言語パターンの選択

言語パターンの値は、テストスクリプト中で${...}の記法で参照することができます。(図4)

言語パターンの参照

図4 言語パターンの参照