userVariables

変数を使ってHTTPレスポンスの値を利用

図4 変数を使ってHTTPレスポンスの値を利用

変数を使ってHTTPレスポンスの値を利用