Webアプリケーションのテスト

Magic Podの使い方 > Webアプリケーションのテスト

Magic Podではデスクトップブラウザで動作するWebアプリケーションのテストも行うことができます。ブラウザはGoogle Chrome、Firefox、Internet Explorer(11のみ)、Safari、Edge(Chromium)をサポートしています。

1. ユーザー・組織・プロジェクトの作成

Webアプリケーションのテスト機能は現在、お問い合わせをいただいた方のみの限定機能となっています。利用を希望される場合は、こちらのページの手順に従ってユーザー・組織・プロジェクト・最初のテストケースを作成した後、Magic Podの画面右下の「Contact」よりご連絡ください。

機能が有効になった状態でプロジェクトおよびテストケースを作成すると、下の図のようにブラウザ名が「Chrome」となった状態でテストケースの作成画面が表示されます。

2. テスト作成のためのセットアップ

ブラウザのインストール

テストに使いたいブラウザ(Google Chrome, Firefoxなど)をお使いのPCにインストールしておいてください。ブラウザのバージョンは、基本的に最新版をご利用ください。1

Magic Pod Desktopのインストール

テストの作成・実行には「Magic Pod Desktop」が必要です。

Macの場合

下記リンクからダウンロードしたzipファイルをダブルクリックして解凍し、できた「Magic Pod Desktop」を「アプリケーション」フォルダに配置してください。2
最新のMagic Pod Desktopをダウンロード

Windowsの場合

下記リンクからインストーラをダウンロードし、右クリック→「開く」を選択して実行してください。
最新のMagic Pod Desktop Windows版インストーラをダウンロード

下図のようなインストール完了ダイアログが表示されたらOKです。

以降は、テストケースの編集画面から接続や実行のボタンを押下したときに自動的にMagic Pod Desktopが起動するようになります。

Internet Explorer・Safariでテストを行うための準備

Internet ExplorerもしくはSafariでテストを行うためには、通常のセットアップに加えてもう少し必要な設定や制限事項があります。それぞれ、以下のリンクにしたがって設定を行ってください。

その他の注意事項

Chrome以外のブラウザでサポートしているのはUIのキャプチャとテストケースの実行のみです。テストケースの作成・編集作業はChromeで行ってください。

3. テストケースの作成・実行

テストケースの作成・実行についてはこちらの動画を参照してください。

動画の詳しい内容についてはこちらのページで解説しています。

テストの作成・実行方法についてはモバイルとWebで共通の部分も多くあります。より実践的な使い方については、ぜひモバイルのテストの実践ガイドもごらんください。
Webのテスト特有の実践的な使い方は下記のページで紹介しています。

  1. 古いバージョンのブラウザでエラーがでる場合は、こちらの手順で解決できます。 []
  2. ダウンロードした場所でMagic Pod Desktopを開こうとすると、「"%@"が見つかりません」「アプリケーション"Magic Pod Desktop"を開けません」などのエラーで開けないことがあります。 []